赤字から2ヶ月で黒字にしたクライアントさんを徹底解説!

先日、あるクライアントのBさんからこんな相談がありました。

 

3店舗経営しているのですが、私が見ている店舗以外赤字で任せている店長もやる気がないしどうしたらいいでしょうか?

 

というご相談でした。

 

マミ
マミ
Bさんが見ている店舗は黒字なんですね

 

はい。そうです

 

マミ
マミ
他の2店舗は毎月赤字ですか?

 

黒字の時もあるのですが、売上が不安定でトータルすると赤字で借り入れや個人の資金で補っています

 

 

もしかすると、こちらをご覧の方も、Bさんと同じように

 

『赤字の店舗を抱えてどうしたら良いのか分からない(;′Д`)』

 

と悩んでいる人もいるかもしれません。

 

今回は『赤字から2ヶ月で黒字にしたクライアントさん』を徹底解説して行きます。

 

 

Bさんはどうやって黒字2ヶ月で黒字になったと思いますか?

 

 

 

、、、

 

 

 

、、、

 

 

 

、、、

 

 

 

Bさんは、2店舗を閉め黒字の1店舗だけにすることにより、2ヶ月で黒字になりました。

 

なせなら、もう資金的にもBさんの精神的にも限界が来ていました。

 

もともとBさんが見ていたお店は黒字だったので、

 

 

赤字の2店舗を閉めれば必然的に黒字なったのです。

 

 

こちらをご覧の皆さんはどう思われまいたか?

 

、、、

 

 

、、、

 

 

、、、

 

そんこと誰だって分かるよ!

 

 

と思いませんでしたか?

 

、、、

 

、、、

 

、、、

 

そうなんです。

 

 

客観的に人の話しになると、分かるんです。

 

 

でも、Bさんは日々の支払いに追われて客観視出来ていなかったのです。

 

 

 

私にも同じ経験があったのでとても分かりました。

 

 

しかし決断しないで経営を続けていてもいつかは、資金ショートします。

 

決断には痛みを伴います。

 

でも決断しなければいけない時もあります。

 

3年間赤字だった店舗が、次の月から黒字になることはありません。

 

 

Bさんは社員に事情を説明し、給料保証をして退職してもらいました。

 

Bさんは、

 

「決断したことにより2ヶ月で黒字になり、

 

悩んでいたのが嘘のようでした。

 

なぜこんな簡単な事が分からなかったのか?不思議でした」

 

と明るい声で連絡が入りました。

 

こちらをご覧の皆さんはどう思われましたか?

、、、

 

 

、、、

 

 

、、、

 

つらい決断かもしれませんが、

 

損切りをする事は、経営者としてとても大切な事です。

 

もう一度今のままで良いのか?考えて見てください。

 

次回は損切りするポイントについてご説明いたします。

 

関連記事

ワードで作成した資料を保存し忘れて消えてしまった時の対処

iPhoneをパソコンにつないで動画や画像を探す方法!

起業して結果が出ない人は必見!これをやめれば業績が上がる

パソコンのタイピングが快適になる『グーグル日本語入力』

失業から起業し成功したクライアントさんを徹底解説!

『絶対買いたくなる!女性向けチラシ作成の8つの法則!』